読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Trail Running 始めました

それは偶然なのか、必然か。 

Trail running 始めました。

ショートレースには2回出たことあるのだけども、

今までのレースは、ちょっとしたイベントに参加するのと同じ感覚だったし、走りながら何回も

私なんで走ってんだっけ?

って思いながらやっていたのだけど、

ロング(正確にはミドル)もやってみちゃおっかな〜と、真面目に思って。

まあこの真面目に思ったきっかけもちゃんとあるんだけど、それは心の引き出しにそっとしまっておくとして。

思い切って50キロのレースに出ることを決意しました。

つきまして、真面目に練習、始めちゃいました。

ですが、わたしどうにもこうにもやっぱりロード練が苦手で。

山にいこうと。

自然に帰ろうと。

とりあえず、お決まりの高尾かな、と、思い。クソ暑い8月半ば、2週連続で高尾陣馬練にいってきました。

f:id:OTOgalleriaandworks:20150825214218j:plain

高尾山口駅をスタート。とても綺麗な駅に変わってました。

f:id:OTOgalleriaandworks:20150825214411j:plain

高尾山は六号路という登山道をあがります。

山頂までは延々登りでけっこうキツイ。


f:id:OTOgalleriaandworks:20150825215507j:plain

高尾山山頂に到着。まだまだこれから。


f:id:OTOgalleriaandworks:20150825215651j:plain

山頂からの眺望はこんなもんですね。

ここから陣馬山を目指して走ります。


f:id:OTOgalleriaandworks:20150825215821j:plain

くだって。のぼって。

一丁平を通過。


城山山頂

小仏茶屋に到着


f:id:OTOgalleriaandworks:20150825220228j:plain

てんぐ


f:id:OTOgalleriaandworks:20150825220136j:plain

小仏茶屋名物のメガ盛りカキ氷も確認。


ここからはトレイルランらしいトレイルを走り、小仏峠のたぬきを確認。


f:id:OTOgalleriaandworks:20150825220712j:plain

このタヌキを越えて、景信山山頂までの道のりがこの行程の中で1番辛かった…


f:id:OTOgalleriaandworks:20150825221027j:plain

そんな激登りの後にはまた茶屋が。

ここで半分くらい。


また走って登って。

途中何個かピークがあるんだけど、わたしはひよって巻き道コース。


f:id:OTOgalleriaandworks:20150825221206j:plain

そして明王峠へ。

残りあと2キロ!


ついにあのそり立つ白いオブジェの待つ陣馬山山頂に到着。

f:id:OTOgalleriaandworks:20150825222703j:plain

うむ。


f:id:OTOgalleriaandworks:20150825223401j:plain

2回目に一緒にいった、斑尾16㎞に一緒に出る幼馴染達と。

友達と一緒に走るってのは、やはし1人で走るよりも断然楽しい。


f:id:OTOgalleriaandworks:20150825222810j:plain

そしてこちらも定番のなめこ汁を確認。


f:id:OTOgalleriaandworks:20150825224045j:plain

陣馬山山頂は、もうとんぼがたくさん飛んでて、秋の訪れさえ感じるほど。

分かりづらいけど、頭にとんぼ止まってる。


f:id:OTOgalleriaandworks:20150825224225j:plain

神戸の生田神社でひいた恋みくじ(大吉)に、ラッキーカラーは赤、ラッキープレイスは高いところって書いてあったので、山に行くときは赤を身につけることにしてるw


本当はここから来た道を戻るピストンコースを予定するも、2回とも断念しそのまま陣馬山を下山。


陣馬山下山は一気にガガッとくだるので、それはそれで脚にくる…


高尾山口からスタートし、陣馬山下山で全行程16㎞ほど。


一回目より二回目のが走れるし、脚が強くなってきたのを実感しちゃったりして。


Trail running、ロードランより断然楽しい。もっと強くなりたい。

(三十路女子の方向性として間違ってるのは理解してます)



おと