Gyoza通信 @ホワイト餃子柏店

突然ですが、


SRG通信のGは、餃子のGです。


餃子は英語でdumplingですけど!


という声とか聞こえてきそうですが、私は焼き餃子は日本の文化で日本の食べ物だと思っているので、餃子はGyozaであるべきだと思うわけです。


というわけでなんですが、先日営業で流山を訪れる機会がありまして。


直帰予定だったので、当然流山に餃子屋がないか探したわけなんですが、まあ、なくて。


2駅先の柏に、ホワイト餃子のお店があることに気付きまして。


ホワイト餃子って、餃子の特集には絶対のってるし、なんなら餃子雑誌の表紙になるくらいフォトジェニックなやつだし。


だけどホワイト餃子の店はどこもかしこも遠くて、食べる機会に全く恵まれなかったわたしの餃子人生。


これは食べたい、食べておきたい。


最近の私は、1人ご飯はもとより、1人餃子に全くの抵抗感がなくなりまして。


いんだか、悪いんだか。


まあ、なので、ならば、と、仕事の終了のゴングとともに何の迷いもなく電車に乗って柏まで。


ホワイト餃子へ一直線。


f:id:OTOgalleriaandworks:20150904191609j:plain



f:id:OTOgalleriaandworks:20150904191728j:plain


じゅるり…


一皿10個で450円。


焼き餃子と揚げ餃子のあいのこのような餃子。


皮がめちゃくちゃ、カリッとしてる。

そして同時にもっちりしてる。


そして、ジュワッとした肉汁はなし。


皮がどっしりしてるので、10個でお腹パンパン。


個性的な餃子を堪能して、足早に退散しました。


あーおいしかった。


おと